磯田園Blog

  1. 農家の肥料とホームセンターの肥料は違う・・。

    お茶を栽培するために使う肥料の勉強にメーカー様へ伺ってきました。新聞紙上でもニュースになっていますが、色々な物が値上げとなっているなか肥料の原料も凄く上がっているそうです。 どうなるか不安です。写真は魚の骨です。

    続きを読む
  2. 「田原市立童浦小学校 児童の茶摘み体験」

    昨年はコロナ禍でできなかった毎年恒例の茶摘体験を、愛知県田原市立童浦小学校の児童全員とPTA、地域コミュニティーの方々と、雲行きの心配される中、無事に開催されました。ここで摘まれた新茶は、磯田園の工場で製茶され地域のご家庭に配布されます。

    続きを読む
  3. 新茶のを摘む前と後の茶畑

    今年の新茶が始まりました。乗用摘栽機という機械で摘んでゆきます。摘む前→摘栽機械通過中→通過後 の写真です。いがぐり頭みたいです。

    続きを読む
  4. 結婚披露宴のギフトに、オリジナルのお茶

    結婚式後の披露宴に出席していただいた御礼用に、オリジナルのお茶のティーバッグを70個作らせてもらいました。予算を伺い、袋をネットから選んでもらい、見本を確認してもらい、シールのデータを送ってもらい、お茶の味はお店で試飲して選んでもらいましたが、サンプルを送って選んでもらうこともできます。

    続きを読む
  5. 新茶の芽・茶園をみてまわります。

    今日は会長と新芽の様子を見て回りました。毎日飲む濃厚な深蒸し茶のお陰でしょうか、90歳になっても毎日茶園をみてまわり、農園部の仕事を確認してくれています。今日は「本前の茶園が変だから見に行こう」と一緒に確認してきました。

    続きを読む
  6. 新茶の芽が出始めました。ワクワク!

    昨日は、春の嵐のような風雨の激しい天気でした。そんな中、自社の茶園の一部で新茶の芽が出始めました。アスファルト道路に近い方が暖かいため、芽が早く出ます。今年は、この新茶を愛知県知事に童浦小学校の児童と一緒に贈呈する予定です。

    続きを読む
  7. 東京巣鴨 真性寺さんの境内に梅がいっぱいでした。

    急に暖かくなりましたね。東京巣鴨と言えばとげぬき地蔵尊の高岩寺さんが有名ですが、その高岩寺がある地蔵通り商店街の巣鴨駅側の入口手前に江戸六地蔵尊の真性寺さんがあります。中山道の入口で旅人の道中の安全を見守ってくれていたのでしょうね。 ぜひ、お参りしてみてはいかがでしょうか。

    続きを読む
  8. 和シュトレン

    待ち遠しい「ほうじ茶シュトレン」

    クラウドファンディングのMAKUAKEで、当社のほうじ茶粉末を使って、「和シュトレン」を作成中の愛知県豊川市ヤマトパンさんが、以下のようにMAKUAKE活動報告をしていらっしゃいました。美味しい「和シュトレン」が待ち遠しいです。磯田園のお茶2022.03.02お世話になっております。

    続きを読む
  9. 【新商品を「渥美半島たはらブランドプレミアム」第一回発表会で発表しました】

     昨年夏より、地元の素材を活用した新たな商品開発をしようという地元田原市商工観光課の企画に参加させていただいており、このほど他の4社の皆さんと田原市役所で成果発表をさせていただきました。発表された新商品は、以下の5社の新商品です。

    続きを読む
  10. SDGs関連ツアーの方に工場ご案内

    お茶のオフシーズンですが、名古屋市内から、渥美半島へSDGsの企画観光ツアーの皆さんが工場見学にみえました。 寒い中でしたが、お茶を飲んでいただきながら、工場のご案内と当社がGGAPに2,018年から取組み地球環境に優しい農業資産管理に努めていることをお伝えしました。

    続きを読む
ページ上部へ戻る